除毛クリームおすすめ隊

除毛クリームを背中に塗る方法

除毛クリームを背中に塗る方法を紹介していきます。

気合が必要なものから、他人の力を借りる方法まで当たり前のようですがキレイな背中を仕上げるために再確認をしておきましょう。

自力で背中に除毛クリームを塗る

誰も除毛クリームを背中に塗ってくれる人がいない人は自力で塗るしかありません。必要なものからコツまでお届けします。

【1】髪はまとめておきましょう

背中にある髪の毛は邪魔以外の何者でもありません。まとめて縛って前に流しておきましょう。

背中には何もない状態を作ってからがスタートラインです。

【2】鏡の前に立ち背中を向ける

浴室、洗面所など背中全身が写る鏡の前に立ちます。

手鏡もあれば便利ですが私は利用したことがありません。一応、背中で両手を組めるくらいは体が柔らかいので(笑)

【3】手で塗れる範囲を塗っていく

さてスタートラインに立ちました。
まずはクリームを手に乗せて背中に届く範囲は手で広げて伸ばした方が時間の短縮にも繋がります。

鏡に背中を向けながら顔は鏡の方をみてどの範囲まで濡れているか確認をしていきます。

【4】届かない範囲は柄の長いスパチュラを利用

背中でも手の届かない範囲が出てきたい場合は柄の長いスパチュラを事前に用意して使用します。

柄が長い方が背中には使い勝手が良く届かない部分も余裕で届くようになりますよ♪

除毛クリームに付属してくるスパチュラは小さいので背中には向きません。体が柔らかい人は付属のスパチュラで十分かもしれませんが…

【5】目安時間まで放置する

背中に満遍なく伸ばせたら除毛クリームの推奨されている目安時間まで放置をします。

長く放置していると肌荒れの原因にもなりますので必ず放置している時間は守りましょう。多くのケースで5分〜10分程度です。

ムダ毛が薄い人は5分。濃い人10分程度を目安にするのがベストです。

【6】クリームを洗い流します

目安時間まで放置をしたら洗い流しで除毛クリームを落としていきましょう。背中には拭き取りタイプよりも洗い流すタイプの除毛クリームの方が使い勝手が良いです。

私は拭き取りタイプの除毛クリームも背中の場合は洗い流してしまいます。

背中の毛は細くて産毛が多いので洗い流しでもキレイにムダ毛が取れてくれますね。

シャワーで洗い流すだけで十分です。
ヌルヌルとかが気になる場合はすすぎの時間を長くしてください。ヌルヌル感があるからといってスポンジで洗ってしまうと肌が傷つく恐れがあります。

【7】洗い流した後は化粧水、クリームで保湿

除毛クリームはタンパク質を溶かす成分が含まれています。毛だけでなく肌のタンパク質にも反応するので洗い流した後は必ず保湿化粧水、保湿クリームを利用して背中を保湿します。

洗い流し後はタオルで優しく水気を取り、保湿をしましょう。

肌に馴染んできたら洋服を着ても嫌な感じにはなりません。

体が柔らかい人はスパチュラを利用しなくても意外とキレイに満遍なく塗ることができると思います。体が硬い人はホームセンターやスーパーなどで柄の長いスパチュラを用意してから行うようにしてください。

個人でやる場合は手先の器用さが影響を与えてくるケースが多いのでムラができてしまう場合は家族、友人に手伝ってもらった方が仕上がりはキレイになります。

家族、友人、彼氏に手伝ってもらい除毛クリームを背中に塗る

私も自力で塗った経験もありますが、正直な話、誰かに手伝ってもらった方がラクですし、ムラなく除毛クリームを背中に塗ることができます。

背中を見せられる相手なら誰でも良いので手伝ってもらい除毛クリームを塗りましょう。

塗ったあとは目安時間まで放置して拭き取るなり、シャワーで洗い流すなりして次は背中に保湿化粧水、クリームを塗ってもらって完了です。

トップへ戻る

女性向け

男性向け

除毛クリームの基礎知識