除毛クリームおすすめ隊

除毛クリームで「かゆみ、かぶれ」はない?

除毛クリームの使用で一定数は肌荒れに悩む方もいます。その中でも使用後のかゆみ、かぶれは代表的な除毛クリームのトラブルです。

除毛クリームは毛を溶かす成分であるチオグリコール酸カルシウムに加えていくつかの化学成分が含まれているケースが多いです。こういった成分が肌に合わないと肌に赤み、ブツブツ、かゆみ、炎症などを起こすケースも存在しています。

特に初めて除毛クリームを使う方、今までムダ毛処理を何かしら行い肌荒れが起きた人は必ず除毛クリームを使う前にパッチテストを行うようにしましょう。

≫ 除毛クリームの注意点

除毛クリームの注意点をまとめているので初めて使う方や肌荒れが起きた人は必ずチェックしてから除毛クリームを利用しましょう。

除毛クリームで肌荒れした時の対処方法

万が一、除毛クリームを利用して「かゆみ、かぶれ」が起こってしまった場合の対策方法をご紹介します。

化粧水、乳液等で肌を保湿する

かゆみ、かぶれ等のレベルが低い場合は毛を溶かす成分がムダ毛だけでなく必要な皮脂、角質まで取り除いてしまった可能性があります。

保湿成分を含んだ化粧水や乳液、クリームを使って肌に油分と潤いを与えてあげましょう。

この際、使う化粧水、乳液、クリームはできるだけアルコールを含まないタイプの化粧品が良いです。アルコールが入っているとつけた時は良いですが、乾燥も早く肌に刺激を与えたりして逆効果になる可能性が高いです。

絶対にかかない

かゆみ、かぶれが起こると異常な「かゆみ」に襲われてしまいます。ですが絶対にかいてはいけません。

かくことで症状が悪化します。
また痒みのぶり返しにも繋がるので辛いですが我慢をすることが大切です。

紫外線に当たらないようにする

紫外線も少なからず肌に刺激を与えています。また肌をかいてしまった状態で紫外線にあたるとシミができる可能性もあります。

除毛クリームを使用して肌荒れが起きた場合、紫外線にも当たらないように外出する際は長袖の洋服を着てカバーするようにしましょう。

除毛クリームで肌荒れしてしまった時はすぐに使用を中止して肌に負担をかけないようにすることが大切。かゆみ、かぶれが収まらない時はすぐにお近くの皮膚科医に相談して対処してもらいましょう。

肌荒れを防ぐための除毛クリームの選び方

除毛クリームでも刺激性など製品によって違いがあります。意外とウォータープルーフ仕様の除毛クリームは化学成分が大量に含まれており水に塗れいても除毛できるのがウリですが刺激が強いです。

安全な除毛効果を得るために除毛クリームを選ぶ際のポイントをまとめてみました。

肌に優しい除毛クリームを選ぶ

私の利用経験から言ってウォータープルーフ仕様の除毛クリームは肌が弱い人にはオススメできません。普通の除毛クリームよりも刺激が強いように感じました。

また敏感肌用と謳われている除毛クリームも実際は使ってみないと肌荒れが起こるかどうかはわかりません。

使用前は必ずパッチテストを行うようにしましょう。

使用経験から言って植物エキスなど除毛成分以外は肌に優しい成分を使っているクリームの方が安全性は高いと言えます。

女性なら女性用を選ぶべき

女性用の除毛クリームで満足できなく男性向けの除毛クリームを使う場合は注意をしましょう。

男性は女性に比べてもムダ毛が太くて硬い。そして量も多いです。除毛成分の分量が違うケースが多いので迂闊に手をだすと肌荒れの原因になります。

女性であれば女性用の除毛クリームを使うようにしましょう。

それで満足のいく除毛効果が得られない場合は除毛クリームにこだわらずに違う処理方法を試した方が良いと言えます。

いくら敏感肌用、低刺激と言われていても除毛クリームは肌に合う、合わないといった問題もあります。良いことがばかり書かれた除毛クリームのサイトなどありますが、口コミ、利用者レビューも参考にしながら選ぶことがオススメです。

また肌が弱いと感じている人は無理に除毛クリームに拘らず違ったムダ毛処理を選択した方が無難なケースもあります。

トップへ戻る

女性向け

男性向け

除毛クリームの基礎知識